礼拝メッセージ

最も大切なこと 復活

礼拝メッセージ

2021/4/4 イースター礼拝説教
【テーマ】  復活
【説教題】 「最も大切なこと 復活」
【聖書箇所】 Ⅰコリント15:3-8

15:3 私があなたがたに最も大切なこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書に書いてあるとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、
15:4 また、葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおりに、三日目によみがえられたこと、
15:5 また、ケファに現れ、それから十二弟子に現れたことです。
15:6 その後、キリストは五百人以上の兄弟たちに同時に現れました。その中にはすでに眠った人も何人かいますが、大多数は今なお生き残っています。
15:7 その後、キリストはヤコブに現れ、それからすべての使徒たちに現れました。
15:8 そして最後に、月足らずで生まれた者のような私にも現れてくださいました。

Ⅰコリント15:3-8

○ 今日はイースター。キリスト教会にとってとても大事なことだというのはいうまでもありません。先週、最も大切なこととして十字架を語りました。今日はその続きに書かれている復活です。最も大切なことは十字架と復活がセットです。

三日目によみがえられた

イエスは十字架と復活を預言された

1.先週語りましたように、イエスの死は間違いのないものでした。イエスは自分が十字架に付けられることを知っておられましたが、またよみがえる(復活する)こともわかっておられました。

 彼らは人の子を死刑に定め、異邦人に引き渡します。嘲り、むちで打ち、十字架につけるためです。しかし、人の子は三日目によみがえります。

マタイ20:18-19

2.十字架の事実を否定する人はまずいないと思いますが、人はなかなか復活は信じません。「死」は誰もが経験することだから信じるのでしょうが、「復活」いまだイエス・キリストだけのことなので、経験が無いために信じないのです。でも、三日目によみがえられたことも事実です。
少しその時のことを福音書から見てみましょう。

イエスは本当によみがえられた

1.イエスを嫌っていたユダヤの指導者達は総督ピラトに 

 こう言った。「閣下。人を惑わすあの男がまだ生きていたとき、『わたしは三日後によみがえる』と言っていたのを、私たちは思い出しました。
 ですから、三日目まで墓の番をするように命じてください。そうでないと弟子たちが来て、彼を盗み出し、『死人の中からよみがえった』と民に言うかもしれません。そうなると、この惑わしのほうが、前の惑わしよりもひどいものになります。」 

マタイ27:63-64

と言って、番兵を付けるように願いました。ピラトは 

「番兵を出してやろう。行って、できるだけしっかりと番をするがよい。」
そこで彼らは行って番兵たちとともに石に封印をし、墓の番をした。 

マタイ27:65-66

と番兵が墓を守りました。盗み出すなんて事はできません。

2.安息日が明けて 

週の初めの日の明け方早く、彼女たちは準備しておいた香料を持って墓に来た。 

ルカ24:1

のです。 

すると見よ、大きな地震が起こった。主の使いが天から降りて来て石をわきに転がし、その上に座ったからである。
その姿は稲妻のようで、衣は雪のように白かった。
その恐ろしさに番兵たちは震え上がり、死人のようになった。 

マタイ28:2-4

のです。

3.天使は女達に言います。 

ここにはおられません。前から言っておられたとおり、よみがえられたのです。さあ、納められていた場所を見なさい。 

マタイ28:6

確かに墓の中にイエスの遺体はありません。キョトンとしたことでしょう。夢でも見ているかのようだったでしょう。

4.このことを弟子達に伝えようと走って行くと、なんと復活されたイエスと出会いました。 

すると見よ、イエスが「おはよう」と言って彼女たちの前に現れた。 

マタイ 28:9

5. 

そして墓から戻って、十一人とほかの人たち全員に、これらのことをすべて報告した。 彼女たちはこれらのことを使徒たちに話したが、
この話はたわごとのように思えたので、使徒たちは彼女たちを信じなかった。

ルカ24:9, 11

 のです。

6. 

しかしペテロは立ち上がり、走って墓に行った。そして、かがんでのぞき込むと、亜麻布だけが見えた。 

ルカ 24:12

イエスの頭を包んでいた布は亜麻布と一緒にはなく、離れたところに丸めてあった。そして見て、信じた。
彼らは、イエスが死人の中からよみがえらなければならないという聖書を、まだ理解していなかった。

ヨハネ20:7, 9

 と、あります。

復活は信じにくい話だ

復活のイエスは弟子達に現れた

1.復活したイエスはその復活した事実を示すためにイエスに従ってきた多くの人に現れました。一番最初は日曜日の朝、イエスの遺体を丁寧に埋葬しようと思った女性達にです。

2.そして、ケファ(ケファとはペテロのことです)、12弟子、500人以上の兄弟達に現れました。ペテロといえばイエスが捕らえられたときに気になってそっと着いていったものの、「あなたはイエスの弟子でしょ」と言われたときに3度も「知らない」と言った人です。

3.そのペテロは復活の話を聞いてヨハネと共にイエスの墓に行き、空っぽの墓を見たのですが、まだわかっていませんでした。その後、復活のイエスは弟子達の集まっていた閉じられた部屋の中に突然現れたり、ガリラヤ湖で現れたりして、ご自分の体をお示しになりました。

信じられないようなことだから「信仰」が必要

1.一方、イエスの遺体が無くなったことでローマ側、ユダヤ指導者側は混乱しています。当局側はすぐさま、弟子達が遺体を盗んだことにしようと、墓の番兵達をも買収して嘘を言いふらしました。

2.この弟子達が盗んだという嘘は現代もまことしやかに言われることがあります。なぜなら「復活」は信じられないからでしょう。信じられることだけ信じるのなら「信仰」はいらないでしょう。人間の頭で信じられない出来事だからこそ「信仰」が必要なのです。救いは私たちの頭だけでは信じられないから信仰が必要なのです。

人生で最も大切なこと

パウロにも現れた

1.パウロがこの手紙を書いたときにはまだイエスと出会った大多数の弟子達が生きていたときでした。全ての使徒達もイエスに会い、彼らはその後、まさに命がけで、世の人々が信じられないイエスの復活を命をかけて伝えました。

2.その後にパウロ自身にも復活のイエスは現れてくださったというのです。パウロこそイエスを信じていなかったばかりか、イエスと教会を迫害した人です。そんな自分にも現れてくださったばかりか、救ってくださったと感謝しているのです。

3.イエスはパウロを裁かれませんでした。イエスにこんなにも酷いことをしたパウロが赦されたのです。

イエスに替わるものは無い!

1.パウロは自分の勘違いでイエスを、クリスチャンを迫害していたことをどれほど悔いたでしょうか。しかし、そんな自分を救ってくれたイエスこそが救い主だと命をかけて伝え始めたのです。


2.人生で最も大切なことはイエスを自分の人生の主と信じることだということ。そのイエスが十字架にかけられたことも復活したことも事実であり、そこにこそ救いがあるということを伝えたのです。

★ あなたの人生にとってもパウロと同じく、最も大切なことはこのイエスの十字架と復活を自分のものとすることではないでしょうか。